タイの検索エンジンシェア

タイの検索エンジンシェア

日本ではGoogleとYahoo! Japanによって二分されている検索エンジンシェアですが、タイではGoogleの独占状態となっています。実際のデータを見ながら詳しく説明したいと思います。

タイの検索エンジンシェア


StatCounterのデータによると、記事執筆時点でのタイの検索エンジンシェアはGoogleが98.26%です。

タイの検索エンジンシェア(グラフ)


上の図は、直近1年間のグラフですが、すでにグラフの形をなしていません。

検索エンジンシェア推移(2016年9月 ~ 2017年9月)


直近1年間の推移の詳細を見ると、99.06%から徐々に下がり続けて98.26%となっていますが、圧倒的独占状況には変わりありません。

まとめ

タイのGoogleの検索エンジンシェアはGoogleがほぼ100%です。この状態が良いのか悪いのかは別として、検索エンジンマーケティングの観点から考えるのであれば、YahooやBingなど、他の検索エンジンのことを考える必要がないため楽です。

日本では、SEOではあまりYahoo! Japanを意識する必要はないものの、リスティング広告は個別に出稿する必要があります。タイではそれすらも意識せず、SEO対策=Google対策、リスティング広告=Google AdWordsと考えて問題無いということになります。

タイ語でのSEO対策、Google AdWords(リスティング広告)のことなら当社にお任せください。 その他、タイでのマーケティング施策に関する質問もお待ちしております。

お問い合わせ